November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

hakarame Free Live

本日17:00より、武蔵野画廊にてホーメイのフリーライブがあります♪



モンゴルの馬頭琴?と思ったら違うらしい。
ロシア連邦のトゥバという国の民族音楽だそうです。
詳しくはこちら→トスデール


気軽にふらっと立ち寄れます。
ぜひ♪

20140305 本日在廊します。

hakarame展@武蔵野画廊。
本日在廊します。

遅くとも14時には着けるかと。

よろしくお願いします。

20140302 本日、在廊します。

hakarame展@武蔵野画廊。
本日在廊します。

たぶん13時くらいから。




(閉じ込められたICちゃん)

hakarame展*明日から。

明日からはじまるhakarame展@武蔵野画廊
展示準備が完了しました。



画廊は武蔵小金井駅南口から徒歩3分。
すごく近い〜。

今のところ以下の日にちで在廊予定です。

3/2(日)、3/5(水)、3/8(土)、3/9(日)、3/10(月)


最終日は17:00まで。

不二之山:写真家 井賀孝

友人の写真家、井賀孝くんの写真集が先ほど届きました。

不二之山






シンプルだけど力強い装丁も、とても良く合っていてステキ。

中には孝くんのフィルターを通した、さまざまな富士山の表情がおさめられています。
数々の印象的な写真がありますが、私的には


・一面の雲海
・見渡す限り雪煙だけの世界
・パステル画のような幻想的な写真(よく見ると人影っぽい)
・エゴン・シーレのヒマワリのような花の写真(写真の花はヒマワリではないけれども)


が、特に印象的でした。


他にも、およそ山の景色とは思えない(と、勝手に私がそう思った)、まるで海中でクラゲの群れを見ているような錯覚を覚える写真とか、私の好きな木々がたくさん生えている写真など、いろんな富士山に触れることができます。

写真家本人があとがきで書いているような富士山の「聖」と「俗」を、そこに行ったことがない私でも感じる事のできる写真集だと思います。
前半の写真には、「静けさ」のようなものが漂い、
半ばの写真では「厳しさ」を垣間見、
富士山の「聖」なる部分や自然の荘厳さのようなものを感じられます。

しかし、後半には富士山のもつもうひとつの側面である「俗」、
つまり、人々がこぞって登る、大衆的な山という一面も、しっかりとカメラに収められていました。



俳優の井浦新さんの解説も、写真家井賀孝の人となりをよく現しているなぁ、と思ったし、解説を読んでから改めて写真を見返すと、その写真の背景にまで思いを馳せる事ができたりします。

見る人によって、また見る時によって、いろんな富士山を感じられる写真集ですね。
 

hakarame展

 いよいよ来週末からはじまるhakarame展


※今回の展示テーマは、「再発見・再認識」 。
 作家として自分らしい表現はもちろん発揮した上で、
 いつもとは違った場所での展示や素材を変えての表現に挑戦する。


というわけで、初の鉛筆画を描いてみたり、マトさんを作ってみたりしております。
そんな作品ちゃんたちを、随時、版画家のマスダナナちゃんがHPにアップしてくれております。(こちら
ありがとう、ナナちゃん。
PC苦手と言っていたのにねぇ・・・。スバラシイ。

期間中、ナナちゃんはずっと在廊するそうですが、私は毎日はいられないので、
今のところ以下の日にちで在廊します。

3/2(日)、5(水)、8(土)、9(日)、10(月)※最終日の10日は17:00まで。

3/1と3/8(いずれも17:00〜18:30)にはライブもあります。
『ロシア連邦トゥバ共和国の民謡の素朴で美しい主旋律を紹介しようと試みるデュオユニット』だそうで、トゥバの喉歌・ホーメイのライブだそうです。
楽しみ♪

では、引き続き制作がんばりますー

Book Lovers展

2014/3/19より、Book Lovers展に参加します。

当初は3/29までの予定でしたが、オーナーさんが

「良い作家さんがたくさん集まったのでもったいない!」

と思ったそうで、4/6までになりました。

これまで、仕事と3/1から武蔵野画廊でのhakarame展のための制作を進めていましたが、やっとBook Lovers展の構想がまとまったので、これから急いで制作開始です。

また、製作過程などこちらでゆるゆるとお伝えできればと思います♪

不二之山

 友人のカメラマン、井賀孝くんの写真集が出ます♪

不二之山


2014/2/19発売。
装丁もかっこいい。


孝くんが以前出版した「山をはしる」を読んで、日本って山の国なんだなぁ、と思った私。(その時の感想はこちら

その日本の山を代表する富士山を、カメラマンであり山伏でもある孝くんのフィルターを通して、どのように切り取っているのかなー?

楽しみですよ♪

hakarame展

2014/3/1〜3/10まで、
武蔵野画廊にて「hakarame展」に参加します。

今回の展示テーマは「再発見・再認識」。
作家として自分らしい表現を発揮したうえで、いつもとは違った表現に挑戦する、というものです。

発起人である版画家の マスダナナちゃん がHPも作ってくれました。→hakarame展

ナナちゃんとは昨年のクリエイターズEXPOで知り合ったのですが、
彼女の銅版画はモロに私の好みでして。
その後9月にあの憧れの奥野ビルでマスダナナちゃんの展示があったので、
そこにお邪魔して、小さな版画作品に来てもらいました♪
こちら↓



私の作業机の衝立にいます♪


今回の展示では、鉛筆画を出すことにしました。
今まで鉛筆オンリーで描いたことがなかったので。
これからときどき、制作過程をここでお知らせできればと思います♪
(こんな感じで鋭意制作中です)

また、マトリョーシカも出します。
本当は5体くらい出すイメージで始めたのですが、
時間的に無理そうなので、

マト小物入れ↓
(まだ色付け前ですが)

と、もう1体出す予定です。


お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください♪

絵本アプリがリリースされました。

絵本アプリ「森のえほん館」で、
私の絵本

「レインボウサーカス団」

がリリースされました♪

詳しくはこちら

<<back|<12345678>|next>>
pagetop